2015年10月 8日 « トップへ » 2015年10月19日

2015年10月11日

歯を長持ちさせたいなら

神経が有る歯と神経がなくなってしまった歯を比べると、明らかに神経がある歯のほうが長持ちします。我々も好き好んで神経を取るわけではありませんが、痛みが出てからでは神経を取らない訳にも行きません。
しかし臨床では痛みが出ていないのに、虫歯が深すぎて神経を取ることになってしまうケースが多いのも事実です。このようなケースにはドックベストが有効です。
2はじめ2.JPG2途中2.JPG

まだ虫歯がかなり残っています。もう少し削ってからドックベストセメントを用いるほうが確実です。

2もう少し2.JPG2術後.JPG

まだ虫歯が残っていますが、これ以上削ると神経を取ることになります。ここでドックベストセメントの出番です。神経を残すことにより、この歯は長持ちさせることが出来ます。


無痛治療 歯周病治療 インプラント認定医 矯正治療なら
    宮崎歯科医院のホームページ

セラミック治療

保険と自費の違いを聞かれることが良くありますが、コンビニ弁当ときちんとしたレストランでは、作る側のかける時間に違いが出るのは当たり前ですね。見た目は似たように感じるかも知れませんが、比べちゃいけません。
そうは言っても高けりゃいいってモンでもありません。

前.JPG後.JPG

きれいが長持ち


無痛治療 歯周病治療 インプラント認定医 矯正治療なら
    宮崎歯科医院のホームページ

セラミックの利点

保険と違って時間をかけられるため精密性に違いが出ます。材質的な違いも、もちろんありますが、それ以上に、歯科医師も技工士も一本の歯に対して書ける時間が違います。自分の歯を少しでも長持ちさせたいと思うなら、やはり良いものを選んでいただきたい。

ぜん.JPGご.JPG

色も変わらず、歯垢もつきにくい。

無痛治療 歯周病治療 インプラント認定医 矯正治療なら
    宮崎歯科医院のホームページ


2015年10月 8日 « トップへ » 2015年10月19日


コールバック予約

PAGE TOP