トップへ » 治療について » 矯正歯科

矯正歯科

当院では、比較的移動距離の少ない矯正や小児の成長誘導を目的とした矯正を、非常に安価で行っています。移動距離の大きな症例や成人の困難な症例は、大学所属の専門医が院内にて治療します。

矯正歯科

歯並びの悪さや発音のしにくさ、食事の効率の悪さなどを改善する矯正歯科治療。矯正治療を行うと、単に歯並びや噛み合わせをキレイにする見た目の美しさ以外にも、さまざまなメリットが生まれます。歯並びを整えることでむし歯や歯周病になりにくくなり、噛み合わせが良くなることで食べ物をしっかり噛めるようになります。

小児矯正

当院の小児矯正では、基本的に全顎治療は行っていません。全顎治療を行わなくても、何本かの歯を抜歯するだけで理想的な歯並びを手に入れることができます。

実際に当院では、お子さんの成長に合わせ、歯並びを整える際に不必要な歯を多少抜歯することで自然にキレイな歯並びを実現し、ご納得いただいています。一度抜歯をして歯並びを整えたあと、どうしても歯と歯の隙間などが気になる場合は矯正治療を行うことも可能です。

抜歯の必要性が無い症例では、骨の柔らかい小児のうちに積極的に歯を動かすことによって、歯や骨のダメージを最小限にして、より自然な歯並びを実現します。

小児矯正次へ小児矯正

連続抜歯
連続抜歯とは、永久歯において予想される八重歯や小臼歯などの叢生(そうせい)を、計画的な抜歯によって解消することです。

お口の状態に合わせて何本かの歯を抜歯することで、キレイな歯並びを実現することができます。抜歯後、隙間が残ったり、歯が捻転したりしてしまう場合もありますので、一度ご相談ください。

咬合誘導
咬合誘導とは、乳歯列から永久歯列に生え変わる過程で、子どもが本来持っている「成長する力」を発揮するよう促すことです。

歯と歯列弓、上下の歯列とあご、顔面、それぞれの調和を目指していきます。さらに、むし歯によって乳歯を失わせないことや、永久歯が生えるまで、被せ物や詰め物で噛み合わせの幅や高さを保つことなども重要です。

拡大床矯正拡大床矯正
成長期の子どもは、プレートやワイヤーでできた拡大装置を用い、上あごや下あごを広げて歯がキレイに並ぶためのスペースを確保する矯正治療が可能です。

あごの骨が小さく、歯が並びきらないために歯並びがガタガタになってしまう不正咬合の改善に適しています。歯を抜かずに拡大装置であごをゆっくりと押し広げていく治療法ですので、発育途中のお子さんにぴったりです。

成人矯正

成人矯正矯正治療は、子どもの頃から行うことでさまざまなメリットが生じますが、成人になってからでも十分に治療が可能です。

しかし当院では、全顎矯正はより良い治療を行える専門医による治療をおすすめしています。移動距離の大きな症例や全額的な難しい症例は、大学病院に所属する専門医が当院内にて担当いたします。

タイトルがはいります。

画像大

テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

タイトルがはいります。

小見出しです。小見出しです。
画像小テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。ラインマーカーがつきます。ラインマーカーがつきます。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

<太文字になります>
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。

小見出しです。小見出しです。
画像小テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。ラインマーカーがつきます。ラインマーカーがつきます。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

<太文字になります>
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。


トップへ » 治療について » 矯正歯科


コールバック予約

PAGE TOP