トップへ » 治療について » インプラント

増骨手術も可能。他院で断られた方もご相談ください。

安全で快適なインプラント治療をご提供します。増骨手術や抜歯即時埋入法、麻酔の専門医による静脈内鎮静法も行っています。

インプラント

「発音がしづらい」「硬い食べ物が噛めない」「入れ歯に違和感がある」そんなお悩みをお持ちではありませんか?「インプラントは料金が高いから」と諦めてはいませんか?

確かにインプラント治療は、入れ歯に比べて高価です。しかし、しっかり固定できて発音もしやすく周囲の歯に負担をかけず、まるで自分の歯のように感じられるインプラントのメリットは計り知れません。インプラント治療で、これまで不便に感じられた食事や会話などの日常生活を取り戻してください。

インプラント治療とは?

インプラント抜歯後や抜けてしまった歯を元の状態に戻すために、人工歯を埋入する治療方法です。あごの骨に歯根を埋め込んで土台を作り、そこに人口の歯を装着します。入れ歯やブリッジのように隣の歯を削ることなく治療ができ、審美性や機能的に優れているのでおすすめしています。

技術的にも安心

インプラント当院の院長・副院長は世界インプラント学会の認定医として、数多くのインプラント治療を手がけてきました。また、副院長は日本口腔インプラント学会認定100時間コースを終了しており、インプラント治療の更なる新しい知識と技術の研鑽に努めております。

経験豊富な医師の元で、安心して治療を受けていただける環境をご用意しております。

増骨手術

「あごの骨が少なくてインプラントができない」と診断された方であっても、増骨手術をお受けいただければインプラントの埋入が可能となります。歯周病やむし歯の影響によって歯を抜いてしまうと、あごの骨が薄くなってしまう傾向があります。増骨手術とは、そういった影響であごの骨が薄くなった患者さんの症状に合わせ、骨を補強する手術です。

サイナスリフト●サイナスリフト
上あごの奥歯の上方にある「上顎洞」という空洞に、骨と同様の組成で自家骨に置き換わっていく補填材を填入することで骨を作ります。上あごの骨が少ない患者さんに適用される手術です。

●ソケットリフト(オステオトーム)
上あごの骨が6mm以上の厚みがある患者さんに適用されます。骨の厚みが6mm以下の場合はサイナスリフトを行うことが多くなっています。

●GBR
骨が不足している部分を特殊な膜で覆い、骨を作るスペースを確保します。そのスペースに、最終的に骨の代わりとなる素材を詰めていき骨の再生を促す手術です。

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法インプラントは噛めるまでに時間がかかる、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?「抜歯即時埋入法」は、何度も歯科医院に通っていただく必要がなく、抜歯後すぐにインプラントを埋入できる治療方法です。

これまでの治療方法では、抜歯後に穴がふさがるのを待ってからインプラントを埋入するため、時間をおいて2回の外科処置が必要でした。ですが「抜歯即時埋入法」では、抜歯とインプラント埋入を同時に行うため、手術費用や治療期間を大幅に軽減できるメリットがあります。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法インプラント治療には、外科手術が必要不可欠です。しかし患者さんの中には、この外科手術が怖くてインプラントに踏み込めないという方も多くいらっしゃいます。そこで当院では、しっかりと専門知識を持った歯科医師が行う「静脈内鎮静法」を採用しています。

この麻酔法は、半分寝たような状態で手術を受けることができるので、治療中の記憶がほとんどありません。当院の院長は、大学の麻酔科の非常勤講師もしており、麻酔学を専門の一つとしています。だからこそ、どんな症例にも対応でき、患者さんに安心して治療をお受けいただけます。

インプラント体

プラトンインプラント体
プラトンインプラントとは、日本人の手で日本人のために開発されたインプラントです。海外の人に比べると、日本人はあごも小さく、歯ぐきの厚さも薄くなっています。海外製のものでは日本人のあごに合わない、というこれまでの問題を改善したインプラント体です。

OSSTEMインプラント体
韓国で作られ、現在アジア1位、世界5位(2013年11月現在)のシェア率を誇るインプラントです。「ISO9001認証」「CEマークの獲得」そしてFDA最高クラスの「class-IIIをパス」など、さまざまな称号を得ています。安全性と品質を世界的に認められています。

タイトルがはいります。

画像大

テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

タイトルがはいります。

小見出しです。小見出しです。
画像小テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。ラインマーカーがつきます。ラインマーカーがつきます。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

<太文字になります>
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。

小見出しです。小見出しです。
画像小テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。ラインマーカーがつきます。ラインマーカーがつきます。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

<太文字になります>
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。

0530-10 インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

比較008 比較009 比較010
治療法 失った歯根の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法 歯を失った場所に人工の歯を、両隣の歯を土台にして、人工の歯を支える方法 歯を失った場所の周囲に金属の留め金をつけて固定させる方法。
取り外しが可能。
メリット ・天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
硬いものを噛むことができるようになる。
・周りの歯を傷つけない
固定式であるため、装着しても違和感があまりない。 ・ブリッジのように健全な歯を削らずに補える
・比較的治療が簡単
見た目

自分の歯に近い

保険適用外のセラミックを使えば自分の歯に近くなる

留め金が見える部分もある
日常の手入れ

通常の歯磨きと同じ

通常の歯磨きと同じ
×
外しての洗浄する
価格
1本●万円~●万円
(手術費含め)
保険:●万円~
自費:●万円~
保険:●万円~
自費:●万円~
保険適用
×
全額自費治療
ただし、医療控除適用

保険適用可能

保険適用可能
治療期間

4ヶ月~1年(状態による)

2週間~2ヶ月

1ヵ月~2ヶ月
治療時・
治療後
のリスク
・インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要。
・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある
・ブリッジを固定するために健康な歯を削ることがある
・支えている両隣の歯に負担がかかる
・空気がもれて発音が困難になることがある
・バネによる隣の歯への負担が大きい
・噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる
・取り外して手入れをする必要がある
・すぐにガタつきやすい

トップへ » 治療について » インプラント


コールバック予約

PAGE TOP