トップへ » 治療について » 歯周病治療

重度治療も保険で対応。予防にも力を入れています。

外科治療、内科治療、メインテナンスなど、お口の中の状態に合わせて最適な治療方法をご提供します。

歯周病治療

厚生労働省の調査によると、近年では成人の約8割がかかっていると報告されている歯周病。メインテナンスや予防に力を入れている当院では、当然、歯周病治療にもしっかりと対応しています。患者数が多く、かかりやすい病気ですので、お気軽に治療を受けいただけるよう、歯周病手術は保険内で行っています。

また当院では、基本的な歯周病治療およびメインテナンスを行った上で、希望される方には手術を行っています。手術に入る前に、患者さんとの信頼関係をしっかりと築き、歯周病に関する基本的な知識をお伝えしたいと考えています。そうすることで、患者さんの精神的負担を軽減することにもつながり、安心して治療を受けていただいております。

歯周病とは?

歯周病歯を支えている骨や歯肉が破壊して歯がグラグラになり、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気を歯周病と言います。歯周病は、歯垢が石灰化して歯石となったものが原因で歯と歯肉の間に歯周ポケットという隙間ができてしまうことで起きます。歯周病を引き起こす歯周病原性細菌によって歯肉に炎症が起こり、それが深部にまで及ぶと歯槽骨が破壊され、歯が抜けてしまうのです。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病歯周病は、初期段階ではほとんど症状が見られません。末期状態に近くなってはじめて症状が現れ、そのときには手遅れの場合が多いのです。また最近では、歯周病と全身疾患との関わりも指摘され始めており、大変恐ろしい病気とされています。

●糖尿病
慢性的に血糖値が高くなってしまうことで、全身の免疫力が落ちる病気です。悪化するとさまざまな合併症を引き起こす可能性もあります。

●肥満
歯周病による炎症は、肥満の一因と言われています。また、肥満の方は脂肪細胞によって全身に炎症が起きている状態です。そのため、歯周病の炎症を悪化させやすくなっています。

●脳卒中
血液中の歯周病菌は、血管内膜下にリポ蛋白が蓄積されて起き、血液の流れの遅い部位に好発する「アテローム性プラーク」を作る働きがあります。それが原因となって血栓が生じ、脳の血管にまで運ばれて発症します。

●早産/低体重児出産
体重が2,500g未満で生まれる胎児のことを低体重児と言います。血液中で歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると、子宮筋が収縮してしまいます。それが原因となり、胎児がしっかり成長していない状態で出産するリスクが高まってしまうのです。

●誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因として多くみられる肺炎です。口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こる病気です。口腔機能が衰える高齢者は口内に細菌が多くなり、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性が高くなります。

歯周病治療

歯周病は生活習慣病のひとつでもあり、糖尿病の治療と同じように考えるとわかりやすくなります。完全にもとに戻るわけではありませんし、治療を怠ると取戻しが利きません。病状に対して理解を深めることと、継続的なアプローチが必要です。

基本治療歯周病
●ブラッシング指導 
染め出しをしてご自身のブラッシングの癖を知っていただきます。また、歯間ブラシや糸ようじの使用法をご説明します。

●歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)
歯周ポケットの中の歯石を取るときは、必要に応じて麻酔を使いながら行います。

●メインテナンス
新しくついてしまう歯石の除去や、ポケット内の消毒とクリーニングをします。人間は忘れる動物です。継続的にプロのチェックを受けることでモチベーションを維持することは、何よりも大切です。

歯周内科歯周病
歯周病が進んでしまっていても誰もが外科治療を望むわけではありません。歯周外科は望まないけれど、少しでも歯周病の進行を遅らせたいと思う方には歯周内科治療を行っています。歯周病の進行状態によっては、薬の服用や除菌などで十分に現状維持を目指せます。

当院では、基本治療を行った患者さんにのみ、歯周内科治療をさせていただきます。

●歯周病菌検査
まずは、顕微鏡でお口の中の細菌の状態を確認します。歯周病菌や進行状態をしっかり把握し、最適な治療計画を考えていきます。

●飲み薬を服用
特に歯周病の原因菌に対して効果のある薬の服用と、ガンジダ菌を破壊する専用の薬剤を用いたブラッシングの二本立てで行います。

●歯みがき、うがい
薬剤の効果を顕微鏡にて確認した上で、殺菌作用の強い歯磨き剤や、濃度の高いうがい液を使用いただいています。

●メインテナンス
薬による改善だけでは、必ず早期に後戻りをします。定期的なメインテナンス無しには維持は不可能です。メインテナンス時には毎回、歯周病菌の状態や戻りがないかなど、患者さんにもしっかりとご確認いただいています。

歯周外科歯周病
歯周病治療では、状態により外科手術が必要となってくる場合もあります。しかし外科手術にはそれなりの苦労を伴いますので、メリットとデメリットをしっかりお伝えした上で、希望される患者さんにのみ実施させていただきます。

●歯周ポケット掻爬(そうは)術歯周病
歯周ポケットの深さが3~5mm程度と、比較的軽症の場合に行う手術です。歯肉に麻酔をし、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去します。

●歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、不要な部分の歯肉を切除、縫合し歯周病の進行を防ぎます。比較的簡単な手術なので、短時間で完了します。

●フラップ法(Fop)
まず歯肉を切開し、歯槽骨から剥離します。その後、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を除去した上で歯肉を元の状態に戻す手術です。

●歯肉弁根尖側移動術(APF)
歯周病の治療において一流の専門家の間で最も良く行われている治療法ですが、FOPに比べ高度な技術と知識を必要とします。

●FGG・CTG
歯やインプラントの周りに強い歯肉を作ることでさまざまなトラブルから歯を守り、歯周病の進行を抑制させ、長持ちさせます。前歯の歯肉が極端に下がってしまったものを改善させたりもします。(根面カバー)

●再生療法・エムドゲイン
歯周病で失ってしまった骨を再生する夢のような手法です。(特に高度な技術を必要としますので、エムドゲインを用いたからといって骨ができるというものではありません。)これにより抜歯の適応症の歯がどれほど助けられたことでしょうか。

エムドゲインエムドゲインエムドゲインエムドゲインエムドゲインエムドゲイン

最新技術も取り入れています

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは、殺菌効果や治療後の炎症や痛みを抑える効果があります。歯周組織を切断したり歯肉の形を整えたりと、非常に用途の広いレーザーです。

位相差顕微鏡位相差顕微鏡
歯周ポケットから歯垢を採取し、位相差顕微鏡に接続されたモニターで細菌の種類や量、動きを観察することができます。口腔内に存在する細菌によって最適な治療を行っていきます。

高周波治療器高周波治療器
接触法から非接触法まで使用法は幅広く、いろいろな治療に応用されています。

タイトルがはいります。

画像大

テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

タイトルがはいります。

小見出しです。小見出しです。
画像小テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。ラインマーカーがつきます。ラインマーカーがつきます。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

<太文字になります>
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。

小見出しです。小見出しです。
画像小テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。ラインマーカーがつきます。ラインマーカーがつきます。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。テキストがはいります。

<太文字になります>
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。
・テキストがはいります。


トップへ » 治療について » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP